「散在化」を知っていますか?
 外国人の居住が地域集住型から全国分散型に変容、多くの学校に少人数の外国人児童生徒が在籍する傾向が強まっています。
 日本語教室の設置や通訳の巡回が困難な学校は、年間200校以上のペースで増加、少人数の困りと支援の不達が大きな課題です。
 E-TraⓇは散在化を最大の課題に掲げ、全ての教員が負担なく外国人児童生徒に関われる環境の実現【特別を普通にする】を目標に研究開発されています。